ローカロリーの減量用フード

大切に育てている愛犬が、おいしそうに食事をする姿は、とてもかわいらしいものです。
しかし、一方で食事をして摂取したカロリー分を運動して消費できない場合、愛犬が肥満になる可能性も出てきます。
一般的なドッグフードのカロリーはこちらに載っていますが、
肥満になった姿もふっくらしていてかわいらしいと感じるかも知れませんが、肥満は健康に大きな影響を与えます。
関節への負担や皮膚のたるみによる蒸れでの皮膚疾患、免疫力の低下などが挙げられます。

そんな時にカロリー制限のできるドッグフードを利用するという選択肢があります。
愛犬のダイエット用のドッグフードは、色々な会社から販売されています。

ドッグフードによっては、小型犬専用と、成犬用・高齢犬用とに分けられ、更に粒の大きさも選べるダイエットフードがあります。

逆に、成犬でしたら、全犬種に対応というダイエットフードもあります。
ダイエットフードに使用されますのは、チキンとライスというフードや、ラムと玄米、チキン、フィッシュとポテトというフードなどがあります。

また、ダイエットフードと併せて、低アレルゲンフードを取り扱っている会社もあります。
他に、ラムとライスを使用した高齢犬のためのフードを扱っているところもあります。
そして、ドライ、ウエットの両方のダイエットフードが販売されているところもあります。
ダイエットフードの特色ですが、高タンパクでビタミン、ミネラルの摂取を挙げているものが大半を占めます。

他に食物繊維や関節の健康維持、皮膚や毛並みにおいての健康や、歯ごたえのある食感で満足感を得られることや、心臓の健康維持、消化吸収を挙げ、脂肪、カロリーそれぞれ約25%、15%カットといったドッグフードもあります。
半生タイプのドッグフードは満足度が高いので試してみてはいかがでしょうか。
また、低脂肪のドッグフードをベースとして取り扱っているところもあります。
栄養面や満足感の面での判断点や、どのドッグフードが愛犬の健康維持や好みに合っているかという点などから、今後の愛犬の健康のために向いていると思われるドッグフードを選んでいくと良いのではないでしょうか。
犬種によって標準の体形が異なりますので、愛犬の犬種に合わせた体型維持を行ってあげましょう。
こちらのhttp://xn--qckubrc3d4m.cc/09.htmlに、細見でいるべきである犬種や、太って見えるが標準体型である犬種が紹介されています。
また、胴長短足の犬種の場合はヘルニアになりやすいので、太らせないように注意が必要になります。

Copyright (C) 愛犬の健康管理 All Rights Reserved.