ペット先進国ドイツのフード

ドイツは非常にペットへの取り組みが進んでいる国です。
犬を飼っている家庭がとても多いこともあるでしょう。
迷子になった犬の保護の方法や、預かり期間、生後母親から離してはいけない期間、また家庭で飼う際にリードを使用するのであればその長さなどがあります。
また、庭で飼うのであれば、小屋を作ること、柵の中で飼うのであればその広さといった細かな点についての決まりがあり、犬が飼われる環境がとても整えられています。
そうしたドイツでは、ペットへの食の意識も高く、オーガニックのフードであることや、化学薬品、合成の添加剤などが不使用であることは珍しくないのです。
そうした品質の保証されている安全なドッグフードが人気となっています。

日本でもドイツのドッグフードは買えます。
有名なドッグフードの会社では、ドイツから専用のコンテナを使用し、温度調整した状態でドッグフードを輸出しています。
ブリーダーの方をはじめとする多くの愛犬家の方がドイツのドッグフードを使用しています。
日本の愛犬家の方からも支持されていますドイツのドッグフードは、とにかく素材の管理、安全を徹底しています。

まずドッグフードに使用される肉は、人間が食べられるものと同じものを使用しています。
良くないドッグフードの中には、ホルモン剤、抗生物質の基準を上回っているものを使用したもの、病死したものを材料として使用している場合がありますが、良質なドッグフードでは、そのようなことは行いません。
また、穀物や野菜は、農薬を使用せず、人間が食べない不要部分の使用も行いません。

原材料は、有機畜産牛や豚、鶏肉、安全な魚肉の他、必須脂肪酸や大麦、ニンジンなどの野菜や、洋なしなどです。
通常の食事の他の、おやつを作っている会社もあります。
こちらも日本で購入できます。
材料はドイツの国産のものを使用し、材料は農薬や化学肥料、抗生物質、成長ホルモンは不使用です。
安全な原材料によって作られたドッグフードやおやつは、健康な愛犬は勿論、皮膚に疾患のある場合などの健康に問題がある時にも適しています。
ドイツ産のドッグフードの以外にも、人気のメーカーの商品があります。
人気メーカーのアイムスやヒルズのドッグフードがこちらで紹介されていますのでご覧ください。

Copyright (C) 愛犬の健康管理 All Rights Reserved.