無添加ドッグフード

無添加食品は多く出ており、とても人気があります。
同じように、一緒に暮らしている大切な愛犬にも、安心して食べられるものを提供したい、という方は多いのではないでしょうか。
愛犬は自ら、餌を選べません。

ただし、愛犬の毛並みやウンチの状態、成長の経過、目を見ての様子などから、愛犬が健康であるかどうかという判断ができます。
ドッグフードは、愛犬の健康にとても大きく影響しています。
無添加のドッグフードは需用が高まり、色々なフードが販売されています。
無添加のドッグフードをあげるメリットはこちらに載っています。

ドッグフードによっては、
愛犬がよく食べるか?
愛犬に合っているか?
といったことを見極められるように、お試し用のドッグフードが用意されている場合もあります。

無添加のドッグフードの大きな特徴はいうまでもなく、原材料の穀物や野菜が無農薬であること、また化学合成された酸化防止剤や防腐剤を使用しない点にあります。
酸化防止などには、ローズマリーなどの自然なものが使用されているケースが一般的です。
そのため、無添加のドッグフードの保存期間は1ヶ月から2ヶ月程度と短く、保存場所は冷蔵庫や涼しい場所などとなっています。

開封後に早く使い切る必要があるため、小さめの袋に分けて入っているドッグフードもあります。
無添加のドッグフードの原材料ですが、これは無添加のドッグフードだからどれも同じ、ということではなく、ドッグフードにより違います。
ラム肉や鶏肉を使用している場合が多いですが、お肉はラム肉のみ、または鶏肉のみ、という場合もありますし、両方を使用している場合もあります。

他に、七面鳥やニシン、サーモンを使用しているドッグフードもあります。
その他にも、穀物や野菜、ビタミン、ミネラルが含まれています。
無添加のドッグフードは、胃腸や肝臓、腎臓、皮膚の調子が悪かった愛犬の症状改善や、病み上がりの愛犬の健康回復にも有効とされています。
また、アレルギーや病気を回避する面や、免疫力の向上においても有効です。
愛犬の体質や好みに応じて、安心して食べさせられる無添加のドッグフードを愛犬の食事の選択肢に入れるのも良いかも知れません。
こちらには犬種別のドッグフードの量とあげる回数の目安が載っています。

Copyright (C) 愛犬の健康管理 All Rights Reserved.